ウエストを細くする方法は?楽々ウエスト痩せのコツとは?

楽々ウエスト痩せの方法は?

りょうた

体重が増えたわけでもないのに、ウエストまわりが気になる人は多いようです。男性も女性も、キュッとひきしまったウエストには憧れます。

魅力的なウエスト作りには、適切な筋トレと有酸素運動、食事制限の3つがカギといえますが、できれば簡単な方法で美しいウエストを手に入れたいものです。

ウエストまわりのサイズが大きくなるのはなぜ?

ウエストまわりが年々太くなっていくわけは、男性も女性も年齢とともに内臓脂肪がついてくるからです。今までと同じ食事量を摂り、同じように運動していても代謝が悪くなり脂肪が燃えにくくなります。

また、女性の場合は更年期を境に女性ホルモンの乱れから脂肪が蓄えられやすい体に変化していきます。ウエストまわりの太さの原因は、どうやら脂肪のようです。

しかし、脂肪だけがウエストを太くするのではなく、年齢とともにインナーマッスルが衰えてくることにもあります。

ウエストを細くするには?

ウエストだけを細くするにはどうすればよいのでしょうか?ウエストの太さの原因の90%が脂肪のつきすぎといいますが、ウエストだけをねじっても脂肪燃焼効果はわずかなものです。

脂肪の分解は残念ながら体全体の脂肪を燃やさないと、ウエストの脂肪だけを落とすことは無理なようです。では、どんなことに気をつければ脂肪を落とすことができるのでしょう。

脂肪を減らすには、食事と運動の両方を見直す必要があります。例えば痩せるために朝食を抜くと、昼食や夕食の摂取カロリーの吸収率が高くなって、かえって脂肪がつきやすくなってしまいます。

また、運動は筋トレばかりでなく有酸素運動をうまく組み合わせることで、効率よく脂肪を燃焼させることができます。

ウエストを効率よくサイズダウンさせるための運動

ウエストを細くするには、筋トレをゆっくり10分ほどしてから有酸素運動のウォーキングやジョギングなどを20分ほどすると比較的早くサイズダウンできます。

ウエストをサイズダウンするのに効果的な筋トレと有酸素運動

一般に腹筋と呼ばれるのは腹直筋のことで、縦に長くついている6つに割れる筋肉です。腹直筋と腹斜筋は体の外側からさわって分かるため、アウターマッスルといいます。

それに比べて脊柱起立筋や腰方形筋など、さわることができない体の深層部にある筋肉のことを、インナーマッスルといいます。

ウエストを細くするためには、自力でゆっくりおこなう適度な腹筋とわき腹を伸ばすストレッチでアウターマッスルを鍛えることが効果的です。

同時に、インナーマッスルを鍛えることも大切です。脊柱起立筋とは9つの筋肉が集まって背骨をまっすぐにする筋肉ですが、歪みが生じると猫背になり、よけいなところに脂肪がついてしまいます。

また、腰方形筋は腰回りの筋肉ですが、股関節にも関係する筋肉です。骨盤と助骨をつなぐこの筋肉をストレッチすることで、ウエストまわりの脂肪がつきにくくなります。

簡単なストレッチの方法は、直立して足は肩幅に広げ、両腕を頭の上に伸ばし、そのまま体を横に倒し、反対側も同じように倒します。

筋トレだけではウエストが細くはなりませんが、アウターマッスルとインナーマッスルを両方とも鍛えると、理想的にウエストを細くすることができます。さらに有酸素運動を組み合わせることで、ウエストまわりのサイズダウンにつながります。

消費カロリーが高い有酸素運動について

ウエストを細くするのに有酸素運動は欠かせませんが、一番カロリーが消費するのがランニング(ジョギング)です。全身運動なので効率よく脂肪を落とすことができます。

その他に、水泳、踏み台昇降運動、エアロバイク、自転車、縄跳び、ウォーキング、ヨガ、バランスボール、スクワットなどが消費カロリーが多いと言われていますが、個人によっては苦手な運動や適していないものもあると思います。

継続するためには、得意で飽きないものを選んでおこないましょう。また、2~3個を組み合わせておこなってもよいでしょう。

ウエストを細くする裏技

心がけ編

メジャーを身近においてウエストを計るようにすると、食べ過ぎると増加するのがよくわかります。すると、少しでも運動してから寝ようと思ってしまいます。

また、ややきつめの股上の浅いジーンズをはくようにすると、ウエストまわりの肉がジーンズの上に乗り、いかに醜いかが実感できます。マインド法ともいえますが「くびれたウエストを持つ自分」をイメージすることで、本当にウエストがくびれるそうです。

運動編

家事も運動と考え、ぼろ布などの使い捨て雑巾を使って窓ふきや雑巾がけをすると、しゃがんだり立ったりする動作で、スクワットと同様の効果が得られます。

通勤時や通学、買い物はひと駅前で電車を降りて歩いたり、階段を使うなどを習慣にすると、無理なく脂肪燃焼効果が得られます。また、エア縄跳び100回もつまずくことがないのでストレスなくカロリーを消費できます。

風呂上りに運動習慣をつけると、全身が温まっているのでストレッチやヨガをおこなうと、体に無理な負担をかけずに脂肪を燃焼することができます。

食事編

体重とその日に食べた食事内容をノートにつけると、太りやすい食事内容が分かります。間食をたくさんした次の日に体重が増えていると、その次の日は間食を摂らないようにして体重の増減を比べてみましょう。

ノートにつけることでモチベーションが上がります。また、何気なく口にしている食品の中には、思った以上に脂肪分が含まれているものがあるので、コンパクトなカロリーブックを持ち歩き、買い物や外食のヒントにしましょう。

脂肪はある程度必要ですが、取り過ぎはウエストを太くする原因となってしまいます。一番大切なのは、バランス良く食べ、摂取カロリーより消費カロリーを多くすることです。

りょうた

慢性的なむくみや冷え、便秘もウエスト太りの原因になります。ウエストを細くするにはウエストまわりのトレーニングに目が行きがちですが、首や手首、足首などを温めて冷え性を改善することも必要です。

また、ふくらはぎのマッサージをすると血液やリンパ液の流れがよくなり、徐々に体全体が引き締まってきます。慢性の便秘もお腹まわりが張ってウエストを太く見せてしまうので、便秘を解消することも大事です。

ファッションでウエストを細く見せる方法

ウエストを細くするにはある程度の期間がかかります。痩せた自分をイメージしながら、ファッションで最大限の細見え効果を得ましょう。

細く見えるファッション

ウエストあたりがくびれているジャケットは、実際は太いウエストも細く見せます。また、ウエストの位置が少し高めのブラウスやワンピースは足が長く見えて、すっきりした印象を与えます。

縦ラインを強調するデザインや高い位置にポイントがあるデザインは、スリムに見せます。寒色系の色を上手に使うことでも、スリム効果が得られます。

その他にも着圧効果のあるインナーや、ウエストニッパ―、コルセットなどで補正するとウエストが細く見えます。しかし、締め付けすぎると血行不良になる恐れがあるので気をつけましょう。

ウエストを細くする方法についてまとめ

ウエストを細くするには、健康的な生活を送ることが大事です。いつもウエストを意識して、いつでもどこでも油断をしないでお腹をへこませていると、それが当たり前になり、背筋が伸びてウエストまわりの脂肪が取れていきます。

同時に簡単な筋トレと有酸素運動、バランスに摂れた食事を習慣にすると、くびれたウエストは意外と簡単に手に入りそうです。

ウエストを細くする方法に関する口コミ・みんなの声

ウエストを細くするには便秘を解消して運動することです

ウエストを細くする方法に関する口コミ・みんなの声1ウエストを細くすると言っても、ただたんに食事制限などをすると、ウエストだけでなくバストや他の部分も痩せてしまって、メリハリが出なくなってしまいます。

ウエストだけ細くするには、骨盤矯正という方法もあります。骨盤がゆがんでいるとなかなかお腹が痩せないのです。骨盤が正しい位置にくると自然とウエストも細くなってきます。

そして、ウエストが大きくなる大きな要因の一つに便秘があります。便秘が解消されるとウエストが細くなるということがあります。便秘をしないようにするには、腸に適度な刺激を与えることが必要で、早めのウォーキングなどをして、腸を動かすことが大事です。腸が動くと便意が催されて、排便がスムーズに行き、当然、排便でスッキリするとウエストが細くなるのです。

日頃、椅子に座っている時も、猫背にならず、両足をきちんと合わせて、背筋をピンと伸ばして、姿勢を良くすることに集中しているとウエストが細くなります。

ハイウエストのガードルを履くこともウエストを細くすることにつながります。

椅子に座って、膝をくっつけて、腰を左右にねじって運動するとウエストを細くする働きができて、すっきりとしたウエストになることができます。やっぱり脂肪を燃焼させなければ脂肪がつきやすいところだと、運動は欠かせないものになります。

衣服もウエストゴムの服は着心地が楽ですが、ウエストが太くなってしまう原因になってしまいます。しっかりと理想的なウエストになるようにゴムではなく普通のウエストの服を着るようにすると腰に負荷がかかって大きくならないのでいいです。

ウエストは一度脂肪がついてしまうと、なかなか元に戻らないものです。常に負荷をかけて、ねじったりする運動をして、便秘をしないように気をつけて、毎朝スッキリすることも大事です。

床に寝て、両足を揃えて、膝を曲げ、左右に足だけを持っていくようなストレッチ運動もウエストを細くするにはとてもいいです。

オチョダイエットの効果とは

ウエストを細くする方法に関する口コミ・みんなの声2オチョダイエットとは、簡単に言ってしまえば腰を八の字に回すダイエット法であり、しかし詳しく言おうと思っても腰を八の字に回すだけなのであまり説明のしようがなさそうなのですが、こちらは実際にわたしが毎日続けているダイエット法で身をもって絶大な効果を得られているダイエット法なのです。

わたしが「オチョダイエット」を知ったのは、日本テレビ系列で19:00〜20:00に放送している「世界一受けたい授業」という雑学情報番組をふと見ていたときに紹介されていたのがキッカケです。いつの放送のものであるかは忘れてしまったのですが、わたしはそれ以来ずっとこのダイエットを続けているんです。どうしてわたしがこんなにも継続できているかというと、オチョダイエットはどんなダイエットよりも簡単で、かつ楽しさがあるからです。

オチョダイエットの手順は、腰を八の字で回すのですが、1セットは八の字8周です。右に行って左に行ったら1周にカウントします。ポイントは、上半身は絶対に動かさないようにすることです。足もなるべく動かないように、腰だけに集中してください。だいたい1周分が3秒くらいだとベストです。そしてやるときに、しっかり声を出して数えてください。

ここでちょっと面白いのが、最後の8回目は普通に「8」と言わずに「オチョー!」と言うんです。番組でも、出ている出演者さんたちがみんなでオチョダイエットを試していたのですが、全員で笑顔で「オチョー!」と叫んでいておもしろかったです。すごく楽しそうというか、楽しさを加えていてすごくいい方法だなと思いました。

それに、腰を八の字で回すだけなのでお風呂前、お風呂上りはもちろん、気づいたときすぐにやることができますし、時間もかかりません。これのおかげでウエストは1ヶ月でマイナス8センチという素晴らしい好成績を残すことができました。簡単かつ疲れない、そして効果絶大なこのオチョダイエットをぜひ体験していただきたいです。

ベリーダンスが上達すると、ウエストが細くなる!

ウエストを細くする方法に関する口コミ・みんなの声3ウエストを細くするには、やはり努力が必要です。ただ欲望のままに食べるだけ食べて、動かなければ、体はどんどんだらしなくなり、太ります。

しかし、ウエストだけ細くしようとしてもその部分だけ痩せるというのは、なかなか難しいものがあります。ウエストを細くするには、まず体全体を引き締める事から始めなくてはなりません。

しかし、ダイエットがウエストを細くする効果に繋がるかというと、ウエストのみ細くなってはくれません。そこで、ウエストを細くするのに効果的な方法は、やはりウエスト部分を動かさなくてはなりません。運動がウエストを細くするのです。

では、どのよう運動するのが良いのかと言いますと、私に一番効果があったのは、ベリーダンスです。ベリーダンスは非常に腰を動かします。腰を動かし続けるので、お腹が痛くなる事もあります。

もしも、余裕があるようでしまら、ベリーダンスのレッスンに1度通ってみてほしいと思います。普段、動かさないような腰の動かし方をするので、ベリーダンスを踊れるようになると、ウエストが細くなり、美しいくびれを作る事が出来ます。

ダンスには色々な種類がありますが、ヒップホップやハウスを踊っても、ウエスト部分が細くなるような動きはあまりありません。最も効果的にウエストを細くするなら、ベリーダンスが1番です。

ベリーダンス以外にも、家で出来る運動があります。筋トレも効果的で、腹筋を鍛える事で、多少ウエストが細くなります。

腹筋を毎日50回以上していた時とやらなくなってからでは、スカートのサイズが変わりました。腹筋を鍛えておけば、お腹周りのだらしない肉が引き締まるので、ウエストに影響が出てきます。

それと同時に、最近流行しているのがフラフープです。フラフープはウエスト部分を細くする効果を期待出来るので、オススメです。

ただし、若干場所を取りますので、家に広いスペースがあれば家でも出来ますが、家が狭い場合は公園でこっそりやるなど、場所を考えなくてはなりません。

筋トレがあまり好きでない人には、フラフープのが楽しんで出来る為、続けることが出来ます。場所問題を考えると、筋トレが1番手っ取り早い方法になります。

ウエストを細くするためには努力が欠かせない。

ウエストを細くする方法に関する口コミ・みんなの声4ウエストを細くするためには努力が欠かせないものでしょう。なぜならば短期間に出来上がるものではないからであり努力していくことが大切だといえるからです。

ウエストは脂肪と筋肉で出来上がっているためでありこの2つのバランスで保っているので例え脂肪を落としたとしても筋肉があるので細くなるのは限られているからです。

また逆に筋肉を鍛えても脂肪がついていればウエストはそれ以上に細くならないでしょう。このようにバランスで保っているのでどちらも適度な事が必要だからです。

ではどのようにしてウエストを細くするためにはして行けばよいのかというと運動と食事制限が大切です。

食事制限は体を作り上げていくためにも脂肪をつけさせない食事でありカロリーを抑えていかなければなりません、内蔵などに脂肪がついてしまうとウエストは細くなりにくく内臓の脂肪が着いてしまうと落としにくいものです。

もう一つは運動です、運動することでウエストの無駄な脂肪を燃焼させて引き締めていくことが大切だからです。

重点的にウエストの脂肪を燃焼させてしかも筋肉に負荷をかけて筋肉を鍛えてあげていくことで2つのバランスが整ってウエストが細くなっていくことでしょう。

このように食事制限と運動が大切であり長く続けていかなければなりません、また運動と言ってもきつい運動をすればいいかというとそうでな無いものなのです。

今ではベルトなどの道具なども出てきていますのでこれを使用すると良いでしょう。

ベルト自体がウエストの筋肉を刺激して運動していることと変わりない効果をもたらして仕事中や家事などをしているときでも運動していることと同じ効果を与えてくれるものでしょう。

またマッサージなどもいいでしょう、ウエスト周辺を刺激することで脂肪を分解させてますのでその分だけ細くなりやすいものだからです。

このように食事制限と運動でウエストを鍛え上げつつ無駄な脂肪を取り除くので次第に細くなっていくことでしょう、長い期間がかかるのは仕方ありませんが努力が必要だということは間違いないものだからです。

毎日お腹周りを捻るようにして動かす動作を加えるといい

ウエストを細くする方法に関する口コミ・みんなの声5動かしていないところは、その部分に脂肪が溜まってしまうことでどんどん太って見えるようになってしまいます。ある程度太らないようにするためには、その部分をしっかり動かすようにしていればダイエットを期待することも出来ますし、部分的に痩せられる状態を作ることができます。ウエストの場合は、お腹周りを動かしていないからこそ起きてしまう問題になっているので、しっかりと動かすようにして痩せられる状態を作ってしまえば問題なく細くすることができます。

食事制限などを行なってしまうのは、健康的にそうした状態を作ることができなくなるのであまりいい状態ではありません。むしろダイエットをしっかり行うなら食事はしっかりと取るようにしてください。これがダイエットのために必要な力をもたらしながら、ウエストを細く見せられるトレーニングを行えるようになります。食事について間違ったイメージを持っている方も多いですが、痩せたいと思っているならそのためには食べることも大事です。

そしてひねりを加えるようにすることが、お腹周りを細くするためには大事になっています。ひねることはどんどん動かせるようになりますので、その部分に溜まっていた脂肪分はどんどん絞られるようになります。これを1分位続けて、何度かひねりを行っていることで痩せられるようになり、ウエストが細く見えるようになってきます。週に数回行うことと、休ませることで脂肪を燃焼させる時間帯をしっかり作ることも必要です。

こうしてウエストを絞り込むことができるようになって、ダイエット効果を大幅に高めることができるようになると、全体的に細く見えるようになって健康的なダイエットが期待できるようになります。とにかく動かすことが最初に重要なポイントとなっていますので、動かさないような状況を作らないように、ちょっと空いている時間でもいいからひねってみて、その部分の燃焼効率を上げてしまうといいです。

ウエストを細くするためには内臓の位置を定位置にすること

ウエストを細くする方法に関する口コミ・みんなの声6女性の身体は筋肉や靭帯が男性に比べ弱いので、内臓が下がることがあります。これを胃下垂とよんだりします。しかしこの内臓の位置が下がるとウエストがぽっこりしたり、スタイルに影響を及ぼすこともあるのです。例えば内臓に位置が下がると本来の位置とは違うので、内臓の機能が悪くなることもあります。そのため便秘になったり、消化不良になることもあるのですね。また内臓の冷えにもつながります。

それらのことを改善するだけでもウエストを補足することが出来るのですね。その内臓の位置を改善するために効果的なのは、骨盤の位置を正しい位置にするのが効果的です。

まだ未婚の女性は出産を経験していないので、骨盤が開いているということはあまりないかもしれません。しかしながら姿勢が悪いことや足を組む習慣があるということ、また普段の生活から、骨盤がゆがんでしまうこともあるのですね。

またこれまで出産を経験したことのある人は、骨盤の緩みがあるかもしれません。骨盤がゆがむと、内臓の位置にも変化が出ますし、骨盤のゆがみをカバーするために姿勢が悪くなることもあるのですね。

また骨盤の歪みから、血液循環が悪くなり、冷えが生じて、腹部がぽっこりということもあるのですね。

それがウエストを太くする原因になるのですね。そのため、ウエストを細くするためには、ウエストのストレッチや運動をするだけではいけないないのです。ウエストに関連した、内臓や骨盤、全てを見て矯正することが大切なのです。

その矯正する方法の一つに、骨盤ショーツを着用することもいいですね。骨盤を正しく矯正し、内臓を正しい位置に置くことが出来るのです。また骨盤矯正運動もいいですね。骨盤を正しい方向や位置に置くことによって、腹部のゆがみも取れ、ウエストの脂肪燃焼にもつながるのです。

ウエストを細くしたい時は、すぐに効果が出るわけではありません。骨盤矯正も時間がかかります。そのために毎日継続して心がけることが大切です。

ウェストのくびれを作るには、正しい姿勢が大切です

ウエストを細くする方法に関する口コミ・みんなの声7女性は、食べ過ぎなどで体重が増えてしまった時の他にも、加齢などによってウェスト周りにお肉がついてしまいます。ウェストがたるんだり、周りにお肉が付かない様にする為には、色々な方法があります。

一つは、姿勢に気を付ける事です。人間の体全体についている筋肉は、一定のリフティング効果を持っていますが、これも加齢によってどんどん落ちてしまいます。また、ずっと座ったままの姿勢や、猫背など悪い姿勢もウェスト周りにリフティング力が落ちてしまった筋肉がついてしまう原因になります。

日本人は座卓の生活をしている方も多い事に加えて、現代人はパソコンやスマートフォンの操作の機会も増えました。ずっと悪い姿勢で座り続ける事は避けて、座っている時にも正しい姿勢を心がける事と、立っている時にも、常に姿勢を意識する事によって、筋力のリフティング力が落ちる事を防止して、くびれたウェストを維持する事ができます。

立っている時の姿勢は、自分の頭が上から引っ張られている事をイメージすると、良い姿勢を作りやすくなります。これは、美しいスタイルを保つ必要のあるモデルさんや、ダンサーの方も行っている姿勢を正しくする方法です。

特に、姿勢が悪くなると骨盤がゆがむ原因にもなり、骨盤周りの筋肉のリフティング力も落ち、ウェストのくびれがなくなってしまう事になります。

また、姿勢を正しくする事によって、新陳代謝を上げる事にも繋がります。

猫背などの悪い姿勢は、内臓などにも負担がかかってしまっているので、体全体の代謝が落ちてしまう原因にもなります。

代謝が落ちると、カロリーの消費量が減ってしまい、いわゆる「太りやすい体」となり、ウェスト周りにもお肉がつきやすくなってしまいます。

正しい姿勢を続けるという事は、内臓の負担やストレスも取り除き、正しい働きに導きますので、体の代謝も正常に戻ります。結果、ダイエットの成果も出やすくウェストのくびれも維持する事ができます。

コメントを残す